読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダッチロール

インターネット・フリースタイル

太陽通信_vsガンバ大阪

柏レイソル 1-3 ガンバ大阪

得点:小林

完敗です。ホーム開幕戦を落とす。

まだ作文する元気があるので書く。太陽通信。

前半

あっさり失点。なぜってぐらい淡白な守備だった。

そして失点は仕方ないとしてもパスの繋がらないこと。相手のハイプレスを往なすどころか普通に苦しんでた。良いところのない前半だった。

今思えばアデミウソンに速さでついていくのは難しいのでそれなりの対策をするべきだったと思う。異様にDFラインが高くて追いかけっこで不利になる場面が多かった。

後半

最速で小林のオレゴラッソで同点。ここまでは良い流れだった。

しかし、その流れがほとんど持続できない。とにかくパスが繋がらない。単純に今日はパスが短くなったりトラップミスしたりボールの扱いが上手くいってなかった。

ACL中のガンバのプレッシャーが効いていたのかもしれない、が、元々それをパス回しでどうのこうのするのが最近目指してる「レイソルのサッカー」なんじゃないすかね。

(この「レイソルのサッカー」は僕は結構懐疑的な目で見てます。吉田達磨監督、去年の下平監督での結果が示すように「レイソルのサッカー」だけでずっと勝てるメンバーでは無いわけで、そこで下平監督も模索しているであろう「第2の矢」が「レイソルのサッカー」とどこまで融合するんでしょうね、みたいな。)

IJ→オリベイラの決定的なシュートが東口選手に止められてしまう。

そして失点。何その淡白な守備。なんか今日は守備がガバガバだった。

そして前半はクソ柏贔屓だった審判が反旗を翻す圧巻の劇場型PK。

最終的にこの木村主審は両チームから文句を言われすぎて笛の吹き方を忘れてしまったようだ。どっちが吹っ飛ばされてもノーファウルなのウケる。

鳥栖戦といい審判がアレですよね。人間だからミスもある、とかそういう問題じゃあないんだよ、ミスすんなよ審判なんだから。

それかミスにならない仕組みを作ろうよ、ビデオジャッジでもなんでもあるだろ。

全体を通して

前向きに捉えるなら、あまりに酷い試合でも超惜しい試合でも負けは負けだ。

上手くいかないときはどうしたってあるのだから今後の試合で改善していけると良いのだろうなとは思う。

そもそも(新加入選手が戦線離脱している以上)前年から主力が数人抜けたのが現状なわけで、そうすると今日の古賀太陽のように若武者たちを出場させて覚醒に期待するっていうのが今シーズンを展望する正しい姿勢なのかもしれない。

「暫定首位だぜ!」とか浮かれてる場合ではないのだ。

そこそこいけそうだったので次節も右SBは古賀で良いのではないでしょうか。それ以上は皆まで言うまい。