読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダッチロール

インターネット・フリースタイル

ジャンプ感想_2017年12号

f:id:dutch-roll:20170220202614j:plain

※今週マジで体調を崩すぐらいジャンプを通してクソだったのでかなり暴言が多く不愉快な気持ちにさせたらすみません。負の感情置き場なんすよ、ホントすみません。

ポロの留学記

まあまあいいんじゃないでしょうか。U19の衝撃に比べれば非常にぬるっとした立ち上がり。

今のジャンプにはリボーン味が足りないのでリボーン路線に進んでくれるなら読みたい。青春兵器路線なら間に合ってます。

ヒロアカ

ヒロアカのダメな回って感じだ。半分ギャグみたいな動機からシリアス風の展開になるの、こっちのモチベーションの置き所が無い。

ワンピース

読んでないです。

ソーマ

既に北斗の拳で言う修羅の国編に入っている気配がする。

人気投票の2位がお付きの人だったところが一番おもしろい。

ハイキュー

今週の良心その1。読んでて良かったハイキュー。

初戦の相手が魅力薄めだと思ったけどスパッとストレートで終わらせて更にスガさんも見せ場があって、超人気漫画なだけあるなあって感じだ。良い。

青春兵器

決して嫌いではないしそこそこ面白いけれど、初めて新キャラで外した感があるしそもそもこの漫画が必要なのだろうかとか考えてしまうんだ僕は。

U19

飛びきりのクソ。これのせいでオレゴラッソ(後述)までクソ漫画にされたかと思うと乾いた笑いしか出ない。

相撲

今まで丁寧に積み上げられてきた漫画なのに、なんで決勝の相手チームのキャラ立てだけは今更になってし始めたのだろう。事情があってこの夏大会のシナリオ構成が変わったのかな、とか邪推してしまう。

全国の準決勝まで来て大将戦で「うわああああ」とかいうヤツ居るかよ。

ブラクロ

読んでないです。

鬼滅の刃

本当にジャンプに鬼滅があって良かった。ジャンプの楽しみの9割は鬼滅だ。

ここのところ編集部的にも推されてる感じがあり、葦原先生の件があるから不安にもなるだけにデフォルメ作画は良い発明だなあと思う。大変なときは多用してのらりくらりとやって欲しい。

それとは打って変わって炭次郎としのぶさんの会話シーンの表情とかは凄い気合の入った絵で、鋼鐵塚さん久しぶりに見たな。

そして修行パートが今週でひとつ決着するテンポ。イレギュラーな漫画に見えてジャンプで生き残る術を心得ているなあ。(今週は特に打ち切り2本(3本)で比べるじゃないけれど強くそう思わされた。)

勉強が

-

ネバーランド

主人公の子が一番怖い。

斉木

ギャグとラブコメで溢れてるのにギャグがラブコメやること無いだろ!

今まで全然そんな感じしなかったのに今日の話で「~年後の同窓会でくっついてそう感」が。

銀魂

-

左門ナー

中将P回はハズレ回。

ゆらぎ

要素が多いわ!

オレゴラッソ

新連載6本とかいう編集部のお遊びの犠牲になった悲しみのサッカー漫画を僕は忘れない。

仮に井上雄彦が描いても今のタイミングでジャンプでサッカーを当てることは出来ないんだろうなって。

入れ替わりで載りだした新連載がおもしろいならまだしも、U19みたいな3ヶ月後には載ってないハイパークソ漫画に無条件で席を譲るのが不憫すぎて笑顔になった。

怒涛のダイジェストも作者の投げやり感とキレてる感を味わえて最高に笑顔になった。

アマルガム(完結)

はい。

デモンズプラン(完結)

絵が特別下手なわけでも、設定が特別ウケそうにないわけでもない、ただひたすらに積み上げ方を間違えた愛すべきクソ漫画だった。カイリキーがラスボスになってしまった。

画力ではアマルガム>デモンズプラン、とか言われてるけど僕はデモンズの方が見やすくて好きだ。シルビアの造形も好みだし。

優秀な編集などブレーンが着く又は作者が化けることがあったら次回作は期待できると思うのだけれどなあ。

どうでも良いけれどカルロスの一枚絵が東京駅構内みたいで気になった。

磯兵衛

切腹のコマの間で笑う。

母上でも出来ないことってあるんだな。ハンターハンターみたいなこと言い出しててそれも笑う。